logo エコデザイン HOMEへ

有機JAS認定
有機表示をするには | 認定の対象 | 有機JASマーク | 認定までの手順 | 認定にかかる費用

「有機」表示をするには

 2001年4月より、「有機」の表示をするためには、農林水産省の認可を受けた登録認定機関(外国登録認定機関)の認定を受けることが義務付けられました。

 認定を受けた生産者、事業者だけが、生産、 小分け、輸入した商品に有機JASマークを添付し、有機表示をすることが許されます。


有機JAS認定の対象

 有機JAS認定の対象となる農林物資は、「有機農産物」、「有機加工食品」、「有機飼料」、「有機畜産物」の4種類です。

 認定を受けるカテゴリーには、農産物、畜産物、加工食品を生産する『生産行程管理者』、農産物、畜産物、加工食品の小分けを行う『小分け業者』、農産物、加工食品の輸入を行う『輸入業者』、外国で農産物、畜産物、加工食品の生産などを行う『外国生産行程管理者』、『外国小分け業者』の5種類があります。


有機JASマーク

JAS Mark

「有機」や「オーガニック」という名前を付ける有機農産物及び有機加工食品の商品には、“有機JASマーク”を表示しなければなりません。認定を受けずに有機表示を行った場合、罰則規定が適用されます。

to top

有機とは
日本農林規格では、『有機農産物』、『有機加工食品』及び『有機畜産物』は以下のように具体的な基準が定められています。

有機農産物:
「一年生作物は播種・植付け前2年以上、多年生植物は3年以上、有機質資材で土づくりを行い、法律で許可された資材以外は使用せずに栽培した農産物であり、遺伝子組換え技術を使用していないもの」

有機加工食品
「使用原材料の95%以上が有機食品由来であり、法律で許可された食品添加物及び薬剤以外は使用せずに製造・加工したものであり、遺伝子組換え技術を使用していないもの」

有機畜産物:
「主に有機飼料を給餌し、抗生物質等を予防目的で使用せずに、野外への放牧する等ストレスを与えずに飼育した家畜及び家きんであり、遺伝子組換え技術を使用しないもの」


to HomeHOME (株)エコデザイン認証センター mail toお問い合わせ
Copyright © 2005 Center for Eco-design Certification Co., Ltd.