logo エコデザイン HOMEへ
 
その他の認証
  エコデザイン認証センターでは、有機JAS以外の食品に関する認証業務も行っています。

持続可能性に配慮した鶏卵・鶏肉 | 地鶏肉 | 特別栽培農産物 | 手続きと費用

持続可能性に配慮した鶏卵・鶏肉

 農林水産省は、海外依存度が高く不測の事態における事業継続の困難が懸念される国内養鶏産業において、国産鶏種・国産飼料用米の利用や鶏ふんの利活用等の基準を規格化する事により、海外依存リスクの低減と食料自給力の向上を後押しし、消費者に対して人や社会・環境に配慮した消費行動(エシカル消費)をアピールし、国内養鶏産業の競争力強化に貢献する、持続可能性に配慮した鶏卵・鶏肉規格を特色JASの一つとして、令和2年4月16日に施行されました。

   エコデザイン認証センターでは、令和2年6月18日より認証項目に「持続可能性に配慮した鶏卵・鶏肉」を加え、JAS認証機関としては初めて、持続可能性に配慮した鶏卵・鶏肉の認証を行うことになりました。
特色JASマーク

地鶏肉

 農林水産省は、「地鶏肉」の販売表示があいまいなため、消費者が製品の価値を正当に評価できるよう「地鶏」を定義づける「地鶏肉」特色JAS規格を制定しました。規格を満たし、国内で飼育した鶏の肉が「地鶏肉」と定義され、特色JAS規格として平成12年6月10日から施行されました。

  エコデザイン認証センターでは、平成18年3月1日より認証項目に「地鶏肉」を加え、地鶏肉の認証も行えるようになりました。
特色JASマーク

特別栽培農産物

 農林水産省の新ガイドラインに基づいた「特別栽培農産物」の認証を行っています。


手続きと費用
  特色JAS認証の手続きに関しては、有機JAS認証に準拠します。(「認証までの手順」をご覧ください。)また特色JAS認証の取得費用については「認証にかかる費用-特色JAS関連」の項をご覧ください。
 その他各種認証の手続きと費用等につきましては、直接事務局までお問合せ下さい。

HOME (株)エコデザイン認証センター mailお問い合わせ
Copyright © 2005 Center for Eco-design Certification Co., Ltd.